スキンタッグは?導因といった症状

スキンタッグは?導因といった症状

スキンタッグ,状況,疾患

 

スキンタッグというと何とか訊くかもしれませんが、これは数ミリほどのイボのことです。

 

アクロコルドンというイボに似ていますが、これよりも大きくなったものがスキンタッグと呼ばれている。

 

フィーリングもぽつぽつとしていたり、突起がぶら下がっていたりといった感じです。

 

首や上腕、目や目の下、大腿の付け根など、肌が薄く刺激にもろい場所にでき易くなります。

 

加齢に伴って発生し、30代~40フィーからもらえるほうが多いだ。高齢になるほど数やがたいも掛かる傾向にある結果、退化による肌異常だと考えられています。

 

ただ、20代からできる方もいるため、それほどカテゴリーは決まっていません。また、良性腫瘍なので健康上の大丈夫でしょう。

 

スキンダックが発生する構造は、依然きちんとわかっていないのですが、主な原因は加齢を通じて交代が遅れることだと考えられています。

 

代謝は皮膚の新陳代謝に関して、円滑だと1サイクルは28日光ほどになります。

 

ただし、加齢に伴って伸びる傾向にあり、30代~40フィーになると1サイクルが45日光ほどになるそうです。

 

交代が遅れてくると、古い角質や老廃物がカラダから排出されず、蓄積されるようになります。

 

その結果、残る角質や老廃物が、固くなったり太くなったりするため、スキンタッグの原因になるのです。

 

スキンタッグ,状況,疾患

 

次に望めるのは、スレやUV心労になります。着物でこすれるなどのスレを受けたり、UVを浴びたりすると皮膚が心労を受けます。

 

すると、その心労から皮膚を守ろうという肌を厚くするようになる結果、スキンタッグが行え易くなるのです。

 

また、デブも関係しています。デブ様式の場合、肌がたるみ易く肌どうしのスレが生じやすくなります。

 

他にも務めが乱れているって交代を遅らせてしまいます。20代の内からできてしまったという皆さんは、快眠や食べ物を見なおすという良いでしょう。

 

このように、スキンタッグは肌のスレや加齢で出来た余分な角質が元凶になるのですが、問題は苦痛も無く、フィーリング以外に問題になることはありません。

 

がたいも2㎜~3㎜ほどで、色調は肌色から茶褐色や黒褐色などです。

 

つまんだりしても苦痛をもらいづらく、取れてしまってもあまり痛みを感じることはありません。ただ、衣料の襟やネックレスに引っかかるという、苦痛や違和感を感じることがあります。

 

他の問題として、加齢に伴って数が増えたりすごくなったりすることがあります。

 

まれに1cmほど大きくなることがありますが、良性につき健康上の問題はありません。ただ、急速に大きくなったものは、悪性化の恐れがあるので注意が必要です。

 

首いぼクリームトップページへ